ツクバトリカブト

筑波鳥兜(キンポウゲ科)
草丈 60〜100cm
9
8〜9

色鮮やかな紫の花をつける。根は有毒で、毒矢を作ったり薬としても使われた。
霧ヶ峰高原 高山植物 ワレモコウ

ワレモコウ

吾亦紅(バラ科)
草丈 50〜100cm
9
8〜9

日当たりの良い草原に生える多年草で、花のように見える球形は花がたくさん集まった穂である。和名は吾も亦紅なりという意味がある。

ハナイカリ

花錨(リンドウ科)
草丈 20〜60cm
9
8〜9

花冠は淡黄色で深く4裂する。花全体が船のイカリのように見えることからこの名が付いた。

クガイソウ

九蓋草(ゴマノハグサ科)
草丈 60〜100cm
7・8
7〜8

葉は4〜8枚が輪生し、茎 の先に小さな花が穂状につ く。葉が何段にもなることか ら名付けられた。

マツムシソウ

松虫草(マツムシソウ科)
草丈 30〜80cm
8
8〜9

8月の高原を代表する花。葉は対生し、羽状に分裂する。シロバナマツムシソウもある。

クサレダマ

草連玉(サクラソウ科)
草丈 40〜80cm
8
8〜9

日当たりの良い湿地に生える多年草で、別名イオウソウとも呼ぶ。マメ科のレダマに似ているが草本であることからこの名が付いた。

ウスユキソウ

薄雪草(キク科)
草丈 20〜30cm
8
8

山地のやや乾いた場所に生える多年草で車山周辺に分布する。ヨーロッパアルプスに咲く有名なエーデルワイスの仲間で、葉に白い綿毛があり、うすく積もった雪のように見えることからこの名が付いた。

キンバイソウ

金梅草(キンポウゲ科)
草丈 40〜100cm
8
8

花弁に見えるのは萼片で、 内側に細く立っているのが 花弁である。

コオニユリ

小鬼百合(ユリ科)
草丈 50〜100cm
7・8
7〜8

栽培されるオニユリには葉 のつけ根に肉芽が付くが、コ オニユリにはつかない。

ウメバチソウ

梅鉢草(ユキノシタ科)
草丈 15〜20cm
8
8

花の形が梅鉢の紋に似ているところから名付けられたという。